【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

卒業を前に感謝ミサ−聖心ウルスラ学園

本紙掲載日:2020-02-22
6面
卒業生に聖水を振り掛ける朱神父


 延岡市緑ケ丘の聖心ウルスラ学園(佐田栄子理事長)は21日、「卒業感謝ミサ」を行った。同学園高校と同高看護専攻科、併設する聡明中学校・高等部の生徒、教職員約600人が参加。これまでの歩みに感謝し、今後の神からの恵みと祝福を願った。

 キリスト教カトリックの精神に基づいた教育を行っている同学園では毎年、卒業を前にミサを行っている。延岡カトリック教会(同市須崎町)の主任司祭・朱範珠神父が聖書を朗読。生徒らは声をそろえて「アーメン」と唱え、きれいな声で聖歌数曲を合唱した。

 共同祈願では、それぞれの卒業生代表3人と在校生、教職員代表が「平和のために働く人間になれますように」「愛、感謝、犠牲奉仕の精神の下、他者を思いやり、社会に貢献できる人間になれますように」など、同校のビジョンや校訓を織り込みながら、祈りをささげた。今春卒業する生徒は、朱神父から「聖水」を掛けてもらい、祝福を受けた。

 6回目の参加となった皺千尋さん(聡明中・高等部3年)は「神聖な雰囲気の中で卒業を祝ってもらい、うれしかった。今まで受験勉強ばかりで卒業の実感はなかったが、やっと実感が湧いた」と喜んだ。来週、試験を控えており「メンタル的にきつく、ピリピリしていたが、穏やかな気持ちになった。落ち着いて挑めそう」と話していた。
 

その他の記事/過去の記事
page-top