【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

一般会計当初予算案など提出

本紙掲載日:2020-02-26
3面

延岡市議会が開会

 延岡市議会3月定例会は25日開会。会期を3月18日までの23日間と決めた後、読谷山洋司市長が総額616億3300万円の2020年度一般会計当初予算案をはじめ、子育て支援総合拠点施設条例や夜間急病センター条例の一部改正案など計45議案を提出し、理由を説明した。

 冒頭、市長は来年度施政方針を表明。市民の現金収入を増やす施策、市民の暮らしを守るための施策、財源確保と効率的な行政運営など、公約である「7つの提言」に関する政策を中心に説明し、「就任2年間でまいた種が次々と芽を出している。さらに市民目線改革を進めるべく、職員と一丸で取り組む」と語った。

 一般会計当初予算案は、今年度比5・2%増(30億5500万円増)で過去最大。風水害や南海トラフ巨大地震に備える防災・減災対策、内藤記念館や野口遵記念館整備など大型プロジェクト推進のほか、病児・病後児体制整備や保育士養成校誘致といった子育て支援充実など、公約に掲げる施策を組み込んだ。

 新規事業は、GIGAスクールネットワーク構築事業に5億600万円、病児保育施設整備事業に7047万円、病児・病後児保育事業に3783万円、保育士等養成校誘致事業に1044万円、地域新電力会社創業事業計画策定事業に778万円など。

 主な事業は、内藤記念館再整備事業に15億8792万円、野口遵記念館建設事業に10億1189万円、岡富古川土地区画整理事業に7億5000万円、津波避難施設整備事業に5億8011万円、乳幼児等医療費助成事業に3億8082万円、西階公園防災等施設整備事業に7949万円など。

 3月定例会は、3月3日から5日まで総括質疑および一般質問。来年度各会計当初予算を審議する予算審査特別委員会は9日から11日に開き、18日の最終本会議に諮る。常任委員会は12日に総務政策と産業建設、13日に厚生教育委員会を開催。16日は特別委員会(議会活性化、地域電力事業調査)を予定している。

その他の記事/過去の記事
page-top