【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

お弁当どうぞ−にこにこキッチン

本紙掲載日:2020-03-30
1面
お弁当を取りに来た子どもたちに優しく声を掛ける兒玉代表(28日)
配布されている手作りの弁当

こども食堂など6団体

◆延岡市の助成活用し無料配布

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて、延岡市は休校期間中の子どもたちの食事支援として、子ども食堂などで無償で食事を提供している6団体に費用の一部を助成している。

 このうち、延岡市野田で毎月1回、小さな子どもから大人までを対象にしたふれあい食堂を開いている「にこにこキッチン」(兒玉美鈴代表、15人)は、自宅で留守番している子どもを対象に、24日から弁当の無料提供を始めた。

 兒玉代表によると、市からの要請を受けて短時間で準備。急に決まったため、都合が付かない会員に代わって助っ人数人が協力し、毎日10人ほどのスタッフが午前8時ごろから弁当作り励んでいる。

 会場の同市西階町の南方東コミュニティーセンターは日、月曜が休館のため、31日までの6日間の提供を決め、献立を話し合って決定。子どもたちに知ってもらおうと、民生委員や会員の手を通してチラシを配布し、周知を図った。

 当初、1日当たり50個ほどの配布を予定していたが、現在は70〜80個を用意。取りに来る子どもたちのほか、民生委員などを通して配達もしている。子どもたちからは「おいしかった」との声が届くという。「急に決まったこともあり最初は大変だったが、今ではすっかり手際がよくなった」と兒玉代表。最終日の31日も同センターで正午すぎから配布予定で、「困っている子どもたちの手に渡れば。遠慮せずに来てほしい」と呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top