【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ETC車通行料金、新体系に移行

本紙掲載日:2020-03-30
3面
延岡南ICに新設された料金所(30日午前、同IC)

有料区間回避乗り直しに課金−延岡南道路

 延岡南道路のETC(自動現金収受システム)搭載車の通行料金が30日、新たな料金体系に移行した。軽自動車・普通車・中型車を20円、大型車を140円、特大車を590円値下げ。有料区間(延岡南IC〈インターチェンジ〉門川南スマートIC日向IC)を回避して一般道に降り、再び乗り直す中型車・大型車・特大車に、新設の延岡南IC料金所で「乗り直し」料金が課金される。

 NEXCO西日本によると、新たな料金体系は、軽自動車・普通車・中型車が250円。大型車が280円。特大車が360円。門川本線料金所より南の東九州自動車道を利用する車は、料金所以南の料金が必要。

 市内の生活道路に中型車以上の車両が流入するのを抑制するため、新たに延岡南ICに料金所が設置された。一定の時間内に乗り直したETC搭載の中型車以上の車両に乗り直し料金が課金される。一定の時間とは、延岡南IC―門川南スマートICは20分以内、延岡南IC―日向ICが45分以内。

 延岡南ICから延岡道路(大分・北方方面)への乗り入れ、または延岡道路(同)から降りる中型車以上のETC非搭載車は、新たに中型270円、大型420円、特大950円の通行料金が必要となる。通行料は延岡南ICの料金所で支払う。

 普通車以下のETC非搭載車については、延岡南ICで通行料金を支払う必要はないが、料金所を通行する際、一般レーンの精算機の前で一時停止して赤い「領収書ボタン」(実際には領収書は発行されない)を押し、前方の開閉バーが開いたのを確認して通行する。

 延岡南ICでは開設後に早速、多くの車が通行。延岡道路から降りてくる車の中には、一般レーンの精算機で赤い領収書ボタンを押すことを知らずに戸惑う運転者も見られた。

 また、一般道から入る車の中には、宮崎方面へのレーンに誤って入ったことに気付き、後方から大型車が来ているにもかかわらず、後退して別のレーンに入り直す普通車もあった。

その他の記事/過去の記事
page-top