【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「生徒減でも維持を」

本紙掲載日:2020-03-30
3面

県学校教育計画懇−中間まとめ

 県立学校教育計画懇話会(座長・藤井良宜宮崎大学教育学部長、12人)は18日、生徒が減少する地域の高校も維持するべきなどとする今年度協議の「中間まとめ」を、日隈俊郎教育長へ報告した。

 同懇話会は昨年5月、県立高等学校教育整備計画の推進などについて広く意見を聞き、その在り方を構想するため設置。学識経験者や行政、教育の関係者で構成され、校長や市町村教育長、保護者らを委員とする県内三つの地区別懇話会の意見を集約して、今年度は3回の協議を行った。

 同計画は2019〜22年度の4カ年で進められているが、中間まとめでは、社会情勢が急速に変化しているため、学級数の増減などを念頭に前倒しで検討するよう提言。高校は近年、妻と西都商、都農と高鍋が統廃合されたが、地域から学校がなくなることは影響が大きいとして、現状の学校数を維持すべきとした。

 現在は日向工業、福島、飯野、高城、宮崎海洋の5校が3学級以下の小規模校だが、今後は同4学級の高千穂や門川などを含め倍増が懸念されている。そのため、特色ある学校づくりを進めつつ、理科や社会など専門教科をはじめ、教職員確保や教科・科目開設などの課題解決法を早急にまとめていく必要があるという。

 懇話会では今年度から新たに特別支援学校のあり方も協議し、小中学校で必要とする子どもも増えている現状を共有。高等部は就職率の伸び悩みが課題となっており、さらなる教育環境の整備や職業教育の充実、分校設置などを具体的に検討していくよう提言した。

 同懇話会は「今年の9月をめどに具体的な教育整備のあり方や、21〜28年度までの8年を通じて目指す本県高等学校教育と特別支援学校教育の姿を提言したい」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top