【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ドローン(1)空から見るふるさと

本紙掲載日:2020-04-07
7面
ドローンを操り、上空から動画を撮影する杉野さん(延岡市北川町熊田)

家田湿原−希少動植物の宝庫

 家田川に架かる「やまんはな橋」の上空から見た家田湿原。春は草木が一斉に芽吹き、まぶしいほどの新緑に包まれる。

 家田、川坂を合わせた「北川湿原」は、日本の重要湿地500、県の重要生息地、ラムサール条約湿地潜在候補地に指定され、学術的に極めて価値が高いとされている。

広さ18ヘクタールの家田湿原を代表する植物は、家田川に群生するスイレン科の「サイコクヒメコウホネ」。毎年5月ごろから11月ごろまで黄色い花が楽しめる。

 地元の住民でつくる「家田の自然を守る会」は先日、オオフサモなど外来種の除去作業を行った。岩佐美基会長は「コウホネはもう咲き始めた。来月にはチョウジソウなどの希少植物が楽しめる」と話している。
 
◆「鳥になった気分」延岡市北川総合支所・杉野孝行さん

 手軽に空撮が楽しめるドローン(小型無人機)。「まるで鳥になった気分が味わえる」と愛好家が増えている。延岡市北川総合支所地域振興課副総括主任の杉野孝行さん(46)もその一人。趣味を生かし、撮影した動画や静止画を地域のまちづくりにも役立てている。

 高校時代からカメラに興味があったという杉野さん。10年ほど前の異動を機に「観光用の写真を撮り直そう」と写真教室に通って腕を磨いた。

 静止画からドローンを使った動画に趣味を広げたのは4年前。東京、近畿で開かれる北川町人会の際に「ふるさとの今の姿を見せたい」と考えたのがきっかけだった。

 自費で機体を購入し、桜やツツジなどの開花に合わせて町内各地を撮影した。普段見ることのない角度から撮った新鮮な映像は、町人会に参加した人たちから喜ばれたという。

 「鳥の目で俯瞰(ふかん)した景色が見られるのがドローンの魅力。趣味ではあるが、地域の情報発信手段として仕事にも生かしていきたい」と杉野さん。今後は、水中ドローンを使った映像にも挑戦するという。

       ▽         ▽

 杉野さんが昨年、ドローンで撮影した北川町内の写真を紹介する。

その他の記事/過去の記事
page-top