【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

コロナリポート−みんなと勉強したい

本紙掲載日:2020-05-06
3面
机同士が離された教室で、児童の会話が弾んだ(4月27日、南方小学校)

長い休校、抱える悩み−延岡市の南方小

◆「1人の時に何かあったら」

 窓全開の6年生の教室に、女子児童の軽やかな笑い声が響いた。机同士を離して距離を取りながらも、久々の友達との会話に笑顔が広がった。

 4月27日、延岡市の南方小学校には、市の昼食提供を希望した約180人が元気な姿を見せた。

 4月7日の始業式から2度目の休校に入った22日まで、学校に通えたの11日間。新学年になってすぐの休校に、子どもたちの抱える悩みはさまざまだ。

 「もし1人の時に何かあったらどうしようと不安になる」と話すのは6年生の男子児童。食事の準備は保護者が行うが、仕事で不在のため、日中のほとんどの時間を1人で過ごす。宿題やゲームで時間をつぶす日々。たまに友達と遊ぶこともあるが「ひま。早くみんなと一緒に勉強したい」と切望する。

 延岡市は学校の運動場を開放している。屋外での1〜2時間程度の軽度な運動は認められているが、集団では活動できない。友達と十分に遊ぶことができず、寂しさ、物足りなさを感じている児童は多い。

 物足りなさは他の面でも。スポーツ、ピアノ、そろばん、書道などの習い事に励む子どもたち。しかし、現在は多くが自粛中だ。

 女子児童からは「入る予定だった英語教室が休みになった」「始めたばかりの陸上が2日で休みになった」など、残念がる声が聞かれた。

 学校も習い事も休み。「いつもは学校から帰るのが3時とか。(学校がない)今は時間が多い」と、家で過ごす時間の長さに、児童は困り顔だ。

 一方、学習面に不安を抱く児童もいる。6年生の男子児童は「それぞれ家で勉強しているから、勉強の程度が違う。(みんなが)どのくらい進んでいるのか分からない」と話す。同校の宇都宮浩教頭も「保護者が教えたり、通信教材を使って学習させたりする家庭もあると思う。学力に差が出るのではないか」と心配している。

 県北の小学校で働く20代の女性教諭は「(低学年は保護者に宿題を見てもらっているが)余裕がない家庭だと、子どもは問題を解いて終わり。間違っているかどうかも分からない。休み明けが心配」。家庭によって生まれる学力の差を懸念する。

 県北全ての市町村が10日までの休校延長を決めた。3月と合わせると、休校期間は約2カ月に及ぶ。休校によって確保できていない学習時間はどうなるのか、家庭での学習状況の差はどうするのか、初めての事態に、児童生徒はもちろん、教職員の不安も大きい。

その他の記事/過去の記事
page-top