【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

高千穂町100周年記念ソング

本紙掲載日:2020-05-07
7面

歌詞の募集期間を延長−6月末まで

 今年度町政施行100周年を迎えた高千穂町が公募中の記念ソングの歌詞について、同町は受け付けの締め切りを今月8日から6月30日までに延長することを決めた。新型コロナウイルス感染症予防対策の観点から、歌詞の選考日程や曲の制作進行をできる限り遅らせることを決定。そのため、募集期間に余裕ができたとして延長する。

 記念ソングは、ジャズバンド「JABBERLOOP」のトランペッターで「神都高千穂大使」のミュージシャン、長友誠さん(同町出身)が作曲する。

 歌詞の応募はプロ、アマ、年齢、性別、国籍、住所は問わない。高千穂の歴史、自然、人柄、地域の未来などが感じられて誰もが歌いやすいもので、フルコーラス(曲の全編)、ワンコーラス(1番のみ)、ワンフレーズ(短文)の3様式で募っている。

 受け付けを締め切った後、同町出身の作家・盪格孤Г気鵝宮崎市在住の歌人・俵万智さん、長友さん、甲斐町長の4人が審査。必要に応じて補作したり、一部を採用して複数作品を編集したりする場合がある。

 募集要項や所定用紙は募集期間中、同町役場のホームページからダウンロードできる。同町役場や出張所などでも配布している。

 応募者本人のオリジナルで未発表の作品に限る。1応募につき4作品まで。5作品以上の場合は別途申し込む。各様式ごとに申し込み用紙を分ける。

 詳しい問い合わせは高千穂町役場企画観光課地域振興係「神話から未来へつなぐ記念ソング事務局」(箙眄虔罍沓魁Γ隠横娃掘■泥瓠璽襭鵤錚遑隋towntakachiho.jp)まで。

その他の記事/過去の記事
page-top