【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

史上初の中止−県高校総体と定通大会

本紙掲載日:2020-05-08
1面
高校総体の中止を発表する県高体連の児玉会長(中央)と田中理事長(右)ら=7日、県庁

高体連、命と健康のため

 県高校体育連盟は7日、第47回県高校総体(30日開幕予定)の中止を発表した。県庁で会見した児玉康裕会長は「延期というわずかな可能性を検討してきたが、子どもたちの命と健康を保証する上で困難と判断した」と説明した。第48回県高校定時制通信制体育大会(6月7日)も中止となる。両大会とも中止は初めて。(9面に関連記事)

 同連盟事務局は中止の理由に、_案盂位笋錣此各競技会場で「3密」を避けるなどのリスク管理が困難部活動中止や約2カ月にわたる部活動制限などでけがや事故が懸念され、医療機関が大会による故障に対応できる状態にないこと1箚も検討したが、大会までの準備期間、施設の問題、他団体との調整を考えると困難―の3点を挙げた。

 事務局によると、高校総体は今月30日からの4日間で約1万2000人、定通大会は1日間で約150人の生徒らが参加予定だった。

 同連盟は新型コロナ禍を受けて、4月9日から協議を開始。同日、総合開会式の中止を決定し、以降は延期も視野に協議を続けてきた。

 しかし、国の緊急事態宣言の延長を受け、県教委が24日までの休校延長を決定。同連盟では、熱中症対策など体力面を考慮し、部活動再開後の準備期間1カ月、学業や会場の都合から延期日程は最も遅くて6月第3週と定めており今回、中止の決定に至った。

 児玉会長は「コロナの影響で、多くの学校で健康診断を行えておらず、けがや熱中症のリスクも高いと考えた」とも加えた。

 決定の通知は、7日朝までに各学校に連絡。登校日の同日、高体連の会見より前にそれぞれの部顧問から、生徒たちに伝えられたという。

 県高体連は今後、県教委や各高校、各競技団体と協議。特に3年生の区切りになるような大会やお別れ試合の開催をサポートしていきたいとしている。

 生徒たちに対し、県高体連の田中真二理事長は「大変な喪失感であり、その思いは計り知れない。世界規模の緊急事態を乗り越える力こそ、部活動を通して身に付けたもの。いつか収束した時、生徒の皆さんが『あの感染を止めたのは私たち』と思える日が来ることを願っている」。

 児玉会長は「皆さんが持つ力、エネルギー、時間を無駄にしてしまうことが心配。どうか、心をマイナスからプラスに転換し、今の状況でできることを考えてほしい。行動の選択肢をたくさん持てば、一つの扉は閉まっても、必ず別の扉が開く」と語り掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top