【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

期間決めずに休止延長−高千穂町観光協会

本紙掲載日:2020-05-09
3面

高千穂峡ボートなど

 高千穂町観光協会(飯干淳志会長)は8日、新型コロナウイルス感染症拡大防止のために休止していた高千穂峡の貸しボートなどについて、11日以降も期限を設けずに延長する。同日に開催した臨時理事会で決定した。

 同協会は、非常事態宣言が全国に拡大で大型連休中に都市部などからの観光客流入を防ぐため、4月25日から今月10日まで貸しボートや直営売店、案内所など運営施設を休止とした。

 今回の休止延長は、感染症の影響やリスクにより外出や外食などに対する地域住民の不安が依然強いままであること、観光産業や地域としての防疫体制の強化・確立が重要であることなどを判断した。飯干会長は「新型コロナ感染症が住民に与えているリスクや影響は大きい。住民が安心して動ける環境をつくれなければ、観光客に来てもらう流れにはならないという判断になった」と話した。

 また、理事会では、同感染症に対する観光産業の防疫対策チームの設置▽協会が製造委託した次亜塩素酸水の協会会員らへの無償配布▽宿泊施設、飲食店における各施設の防疫体制の情報開示――に取り組むことを決めた。観光産業や地域全体での防疫体制を整え、その情報公開をすることで観光客らに安心して来てもらうことが狙い。

 観光協会は貸しボートなどの再開について、国や県の対策方針を踏まえて検討。14日以降に再度対応策を協議するという。飯干会長は「防疫体制が一番大事。状況が整えばすぐに再開する。機が熟した時に皆さんに来てもらうというのが妥当な判断だと思う」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top