【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

精緻で華麗な文様−佐々木恒春氏作の鐔を特別展示

本紙掲載日:2020-05-11
6面
今回展示される佐々木氏の鐔(県総合博物館提供)

13日から県総合博物館・宮崎

 「現代の名工」で延岡市無形文化財保持者だった鐔(つば)師、故・佐々木恒春氏の作品が13日から6月28日まで、県総合博物館(宮崎市神宮)に期間限定で展示される。その技術は全国一と称されるほど卓越し、精緻で華麗な文様は見る人の心を魅了する。同館は所蔵する佐々木氏の残る作品2点も今後、展示する予定にしている。観覧は無料。

 今回展示されるのは「桜九曜紋透金二重唐草九曜紋綸子金象嵌鐔(さくらくようもんすかしきんふたえからくさくようもんりんずきんぞうがんつば)」という作品。

 第14回新作名刀展(1978年)に出品した日州透象嵌鐔(にっしゅうすかしぞうがんつば)で、江戸時代に肥後国(熊本県)で活躍した鐔師、林又七の作品を基に制作されたものという。

 地板は鉄。桜花と九曜紋を透かし、金二重唐草の模様を配し、九曜紋に布目(綸子)の金象嵌を施している。

 同館や県などによると、佐々木氏は1925年生まれ。創始は慶長年間(江戸時代)と言われる肥後象嵌の作品を基に独学で腕を磨き、日本美術刀保存協会無鑑査、86年に延岡市無形文化財(技能保持者)に指定。97年に亡くなった。細かな作業のため、年間数枚しか制作されず、その作品は六十数枚しかない貴重な工芸品という。

 同館では、年間を通して近代から現代にかけての所蔵品の展示を計画している。夏から秋にかけて、佐々木氏の残る2作品も展示予定。蓄音機や県内初の白黒テレビ、カセットレコーダーなどの展示を予定している。

その他の記事/過去の記事
page-top