【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「延岡スクール」開設へ

本紙掲載日:2020-05-13
1面
小田原短期大学の保育学科通信教育課程「延岡スクール」が入居する延岡市栄町のビル

延岡市と小田原短期大学−基本協定結ぶ

◆10月から開校、栄町の中村ビル

 延岡市と学校法人三幸学園(昼間一彦理事長)はこのほど、同学園が運営する小田原短期大学(神奈川県小田原市)の保育学科通信教育課程「延岡スクール」を同市に開設する基本協定を結んだ。締結は4月20日付。同市栄町の中村ビルに設置し、今年10月からの開校を見込む。

 延岡スクールは、1学年20〜40人程度の2年制(合計40〜80人程度)。インターネットでテキスト科目を自宅で学ぶほか、通学して受講するスクーリングも延岡スクールで受けられる。最短2年間で短期大学士と幼稚園教諭二種免許、同3年間で保育士資格(専攻科)を取得できる。

 働き手不足が深刻な幼稚園教諭や保育士の養成学校が県北地域や大分県南地域にはないことから、空白地の解消につながるとともに、駅まちエリアの同スクールで土・日曜日に行われるスクーリングに学生が通学することで、中心市街地のにぎわい創出も期待される。

 同スクールは中村ビルの1階(床面積約135平方メートル)、2階(同約75平方メートル)に教室3室(1室20〜30人)と事務室を置く計画。教室として使うための改修工事などが必要で、市は今年度当初予算に開設補助金(施設改修費900万円、施設賃借料144万円)を計上・議決を受けている。

 10月開校時の秋入学生の出願は7月1日から9月30日で、学費は1年次が29万5000円、2年次が27万5000円、専攻科が3万5000円。また、同短大は事務員1人と講師(若干名)について、地元を中心に求人を行っているという。

 協定締結は当初、延岡市に関係者が一堂に集って行い、記者会見する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて中止。読谷山市長と同学園の昼間理事長、立会人の延岡市議会の松田和己議長が、それぞれ協定に調印して締結を終えた。

 昼間理事長は、協定締結にあたってのあいさつとして、「スクールの卒業生が保育者として活躍することを通じて延岡に貢献させていただく、そのような機会を頂戴できましたことを大変幸甚に存じております」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top