【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

おいしい新茶をどうぞ

本紙掲載日:2020-05-13
8面
河野知事に新茶の出来栄えなどをPRする興梠洋一副会長
新茶を知事に贈った「みやざき茶推進会議」の役員ら

みやざき茶推進会議、知事に届ける−県庁

 県内の茶生産者や茶業関係団体でつくる「みやざき茶推進会議」(菊田武光会長)は11日、河野知事に新茶を届けた。

 菊田会長や興梠洋一副会長(西臼杵地区作業振興協議会会長)らが煎茶と釜炒(い)り茶を贈呈。知事は、早乙女姿のスタッフがその場で入れた茶を試飲し、「香りが良くておいしいですね」と目を細めた。

 県内の2019年度の荒茶生産量は3510トンと全国4位。西臼杵3町を中心とした中山間地域では、香ばしい独特の香りを持つ釜炒り茶が作られ、全国一の産地となっている。

 興梠さんによると、8日の初入札会は平年並みの値が付いたが、今年は暖冬と4月の低温が影響し、収量は6割程度となる見込み。加えて、新型コロナウイルス感染拡大対策で、新茶フェアや実演販売などのイベントが開けず、消費の落ち込みが懸念されるという。

 それでも、インターネットによる情報発信でPRに努めたり、品質の高い紅茶や釜炒り製法のウーロン茶など新たな商品で注目される農家もいて、「ぜひ地元産のお茶を飲んでいただきたい。水出しもおいしい釜炒り茶はこれからの時期にお勧め」と呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top