【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

木工を楽しんでいます

本紙掲載日:2020-05-13
7面
作品を前にする伊藤月美さんと妻の幸子さん

門川町の伊藤月美さん

◆置物を創作、プレゼント

 門川町東栄町の伊藤月美さん(79)は、趣味の木工でさまざまな置物を創作、知人にプレゼントするなどして喜ばれている。

 伊藤さんは鉄筋関係の仕事をしていた。椎葉村や諸塚村など県北山間部の現場で、ヒノキ、ケヤキなどいろいろな樹種のユニークな形の切り株に触れる機会があったことから興味を持ち、13年ほど前からそれらを材料に置物作りを始めた。全くの独学だったが、必要な道具や材料を少しずつ買いそろえるなどして、次第に本格的な創作に挑戦してきた。

 創作は、カモの木彫から始まり、スズメやフクロウ、キジなどの鳥類、ネズミや牛、イノシシなどの動物、金魚、鳥かご、船にまで至り、最近では竹をあぶって曲げるなどの技法で花立てなどにまでレパートリーを広げている。

 材料を選んで、その材質や形、色などからイメージを膨らませ、塗料には絵の具を使用、最後にニスを塗り完成させる。これまでに約150点を創作。2、3日でできる小物から、1カ月以上かかる大作まで、種類もサイズも多彩だ。

 「子どもの頃から図画工作は好きだった」という伊藤さん。在職中は休みの日だけ作っていたが、退職後は創作に没頭する毎日が続いた。

 完成した作品の一部は、隣接する門川町子育て人づくりセンターひだまりハウスや町内外の知人らにプレゼントすることも多い。

 伊藤さんは「見よう見まねで始めたが、そのうち『もう少しこうしたら良くなるのでは』などと欲が出た。『私の干支(えと)を作って』とのリクエストもある。うれしいし、ありがたい。次は虎をテーマに挑戦したい」と意欲的。

 妻の幸子さん(73)は、「夢中になり過ぎて食事を忘れることもあった。今は手先を動かし、頭を働かせることで認知症の予防にでもなればと諦めている」と苦笑した。

その他の記事/過去の記事
page-top