【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮崎銀行平野頭取が提言

本紙掲載日:2020-05-14
1面
新型コロナウイルス感染拡大の影響などを説明する宮崎銀行の平野亘也頭取(宮崎観光ホテル)

コロナ禍−移動自粛、経済には障壁

◆サプライチェーン−中国に頼らず地方活用を

 頭取として最後の決算発表に臨んだ宮崎銀行の平野亘也頭取は、新型コロナウイルス感染症が県内経済に与える影響について「世界大恐慌に近い」と危機感を示し、「延岡など県境を越えた地域との活発な経済交流活動を止めていいものか」など持論を語った。

 同行は新型コロナ拡大の影響を試算。期初計画に対する経営利益の実績はマイナス4億2800万円だったが、株式・債券市場の乱高下などで生じた想定外の損失を除けば、15億4300万円のプラスだという。

 3月時点で149件だった同行への融資相談は4月には1000件を超え、融資額も10億円程度から100億円超と急増。今月にかけても増えており、新型コロナの影響は2008年のリーマンショック、10年前の口蹄(こうてい)疫よりもはるかに大きく、「大恐慌は長引いて大変だったが、瞬間的にはそれに近い」と実感を語った。

 すでに飲食や観光、宿泊を中心に幅広い分野が大打撃を受けているが、「怖いのは新型コロナと一緒で、まだ(危機に)気付いていない部分があるところだ」と説明。部品供給などサプライチェーンの3次請け、4次請けが多い県内企業は自社の位置付けが分かりにくいため、突然に仕事がなくなる恐れがあるという。

 そのため、同行は幅広い取引先へ、備えとして早めの手当をアドバイス。実質無利子・無担保の政府系融資制度(セーフティーネット)を活用するなどして、中小企業の資金需要にも積極的に応じているとしている。

 ただ、平野頭取はこれらの対応が「時間稼ぎでしかない」と、さらなる経済対策の必要性を指摘。とりわけ、感染防止策として強く打ち出されている「都道府県をまたぐ移動の自粛」は、経済活動にとって障壁だと訴えた。

 県央と異なり、延岡市や都城市など、隣県と交流が深い地域の往来を一律に県境で制限することを疑問視。「東京との往来は厳しくしても、例えば大分や鹿児島まで広げるなど、県同士が知恵を絞り意見を交わしてみたらいいのではないか」と提言した。

 また、国内経済についても、普及が進むテレビ会議やテレワークなどをはじめとするIT関連産業の発展に期待。反省材料として、東京への一極集中を見直し、多くを中国に頼るサプライチェーンを地方活用に転換していくよう望んだ。

その他の記事/過去の記事
page-top