【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

談話室−人材確保や働き方改革をさらに

本紙掲載日:2020-05-14
3面

延岡地区建設業協会の木村会長

 「前会長が進めてきた若手人材の確保・育成と、働き方改革を踏襲していきたい」。そう語るのは、延岡地区建設業協会の木村健一新会長=写真左端=。11日、同協会第59回通常総会の役員改選で選任された。任期は2年。

 働き方改革については、休日取得と社会保険への加入促進を掲げる。人材確保については土木、建築ともに人材が減少傾向にある一方、高齢化のため安全確保や技術者の後継確保が課題となっている。

 かつては「3K」(きつい・汚い・危険)職業の代名詞とされていた建設業だが、近年はICT(情報通信技術)を活用することで、魅力ある建設現場を目指す取り組み「i−construction(アイ・コンストラクション)」が進められている。女性を活用した建設現場も重要になってきているという。

 木村会長は「今は役割分担が決められているので、力仕事ばかりではありません。(測量などで)ドローン(無人航空機)を操縦し、活躍している女性もいます」と話す。

 同協会は昨年8月、延岡警察署、延岡市消防本部と人命救助や行方不明者捜索などでドローンを活用するための支援協力協定を結んだ。建設業界が警察、消防と同様の協定を締んだのは県内初。会員約20社で計約30台のドローンを保有している。

 木村会長は「建設業は魅力ある仕事。入ってから資格を取得することもできるので、技術系の学科でなくても大丈夫。ぜひ、地元の建設会社で一緒に働きましょう」と語った。

 写真は他に、盛武一則副会長(左から2人目)、佐藤雄二副会長(同3人目)=ともに再任=、甲斐睦央事務局長。

その他の記事/過去の記事
page-top