【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

強い警戒感を維持−解除受け知事

本紙掲載日:2020-05-15
1面
緊急事態宣言の解除を受け、開かれた県の対策本部会議(14日、県庁)

節目だが、安全宣言ではない

◆県外往来自粛継続を要請

 国の緊急事態宣言解除を受けて県は14日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議と初開催の緊急経済対策本部会議を開いた。河野知事は、「県民の理解、協力に感謝したい。大きな節目だが、これはゴールでも安全宣言でもない」と話し、引き続き、感染防止や国が示した新しい生活様式を組み込んだ取り組みを呼び掛けた。(9面に県中学総体、規模縮小し開催へ)

 知事は県民に遊興・遊戯施設への強い警戒態勢は維持し、県外との往来についても極力自粛を続けるよう要請。県立学校については、25日からの本格再開へ向け、20日から連日の登校日を設定し、部活動の一部再開を認める。

 感染症対策本部会議では、15日以降の県の対応を公表。基本的に「3密」を避け、過去に他県でクラスターが発生した施設には注意した上で、外出自粛は求めないなど、大きな変更はない。

 県外との往来については、21日をめどに次の対応を発表予定。接待を伴う飲食店などの遊興施設、パチンコ店などの遊戯施設については、県が作成したガイドラインの実践を要請。飲食店の接客などで「隣に座らない」など、3密を避ける対策を取れば、一律の自粛は求めないとした。

 「県新型コロナウイルス感染症緊急経済対策本部会議」は初開催。同会議は、全庁的に経済・雇用対策の総合調整を行う組織として設置。新しい生活様式の確立と、宮崎の地域経済の再始動を目指していくと確認した。

 河野知事は経済対策に関しては「コロナ収束後の構造的な変化に、いかに本県が乗っていけるか、対応していけるかを協議していければ」と語った。

◆登校日20日から連日可−県立学校

 県立学校は、25日の学校再開へ向けた段階的な取り組みを推進。毎時間の健康観察やマスクの着用、身体的距離の確保など「学校における新しい生活様式」を実践できる学校は、20日から連続して登校日に設定できる。本格再開へ向けた準備を進めるとした。

 また、部活動も一部再開を容認。「3密」を避ける、柔道の組み手など身体接触は行わない、すべての活動を2時間以内に終えるなどの条件があり、合宿や他校との交流は認めない。

 特別支援学校については基本的に24日まで、臨時休校を継続する。県立学校の方針は市町村教委にも通達する。

その他の記事/過去の記事
page-top