【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

真夏だけじゃない熱中症

本紙掲載日:2020-05-19
1面

車内温度は上昇、注意を−JAF

 梅雨入り前の快適な気候では車内温度が上昇し、熱中症を招く恐れがあるため、日本自動車連盟(JAF)宮崎支部(百野正剛支部長)は注意を呼び掛けている。

 JAFは昨年5月、大型SUV車と軽ワゴン車を使い、車内温度の上昇に違いがあるか実験を実施。外気温23・3〜24・4度の快適な気候の中、車を南向きに長時間駐車し、車内温度とダッシュボードの温度を計測した。

 実験の結果、1時間後には大型SUV車の車内温度が43・5度と軽ワゴン車より6度高くなり、その後も上昇。ダッシュボードの温度は大型SUV車が57・3度、軽ワゴン車が41・0度となり、車体の大きい方が車内温度が高い結果となった。

 要因について、JAFは「大型SUV車の方がフロントガラスの面積が広く、角度が浅いため、より直射日光がダッシュボードに当たっていたことが考えられる」と説明している。

 同支部によると、昨年の大型連休(4月29日〜5月6日)に県内でロードサービスを実施した件数は561件。「バッテリー上がり」「タイヤのパンク」などのほか、九州内では車内に小さな子どもやペットを残した状態で鍵の閉じ込みも20件あったという。

 今後、日用品の買い出しやテイクアウトの利用も増えることが予想されるため、同支部は「たとえ数分間でも車内には小さな子どもを絶対に残さないように」と呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top