【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

昆虫とあそぼう(4)捕まえ方(上)

本紙掲載日:2020-05-19
7面
手入れされ、風通しの良い雑木林。カブトムシやクワガタはこうした場所を好む

◆手入れされた林で、樹液の出ている広葉樹を探す

 カブトムシやクワガタを捕まえるためには、これらの昆虫が好む落葉性の広葉樹を見つけなければならない。その代表的な樹木には「クヌギ」や「ハルニレ」などがある。

 クヌギの樹皮は、灰褐色でふぞろいに割れている。葉は長い楕円(だえん)状。表面に艶があり、周囲はのこぎりの歯のような形状をしている。だるま形の大きなドングリがなる。

 ハルニレは湿潤で肥えた土地を好むため、洪水時に水に覆われる「氾濫原」などの河川周辺に生育している。表皮はクヌギほど深い割れ目はない。葉は卵形で表面には微小な毛があり、ザラザラしている。

 ほとんどのカブトムシやクワガタは、手入れされていない山では生活しない。下刈りや間伐が行われ、風通しの良い雑木林などに生える広葉樹を探すのがポイントだ。

 これらの条件を満たした上で、さらに樹液が出ている樹木を見つける必要がある。

 樹液は自然に出てくるものではなく、発生にはスズメバチやカミキリムシなどの存在が欠かせない。スズメバチは巣材のために、カミキリムシは産卵のために表皮をかじる。こうして傷ついた部分から流れ出る仕組みだ。

 また、水分が多く含まれる土壌の方が多く出る傾向にある。川や沢の近くの雑木林は穴場。マダケやハチクは地下水がある所で育ちやすいので、これらの有無も判断材料の一つになる。

 ただ、そうであっても「舗装された道や擁壁が近くにあったり、護岸工事がされている場所は地下の水脈が機能していない可能性が高く、樹液が出ることはめったにない」と、菅原昆虫店(美郷町南郷)代表の菅原亮さん(38)は話す。

その他の記事/過去の記事
page-top