【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

感染の不安、差別―

本紙掲載日:2020-05-21
1面

県医療労連が緊急アンケート−医療・介護で働く人対象

◆補償、医療品の配給を−疲弊に加え経済的な打撃も

 県医療労働組合連合会(大木泰幸委員長)は、加盟する医療・介護福祉機関で働く人たちへの緊急アンケートの結果を公表した。医療、福祉現場でのマスクなど医療資材の不足や感染の不安、従事者へ対する差別的な扱いなどが浮き彫りになった。このため、多くが精神的、経済的な不安を挙げており、同連合会は「現状を知っていただき、補償や必要な医療品などの配給をお願いしたい」と訴えている。

 医労連は、国内唯一の医療の産業別労働組合。県連合会に加盟する組合組織で、医療・介護の現場で働く職員(組合、非組合員問わず)に4月28日から5月11日までアンケートを実施。156人から回答を得た。

 アンケートは新型コロナ禍により、困っていること、職場や自宅での対策・工夫、政府や自治体へ要求したいことなどを質問した。

 医療職などでは、多くが自分が感染する不安、家族へうつす不安などを回答している。また、医療現場でマスクやアルコール消毒液が不足し、職場からの指示でマスクを1週間着用している例などがあった。また、「日々、発熱者への対応手順が変わり、覚えるのが大変。緊張状態が続き、疲弊している」との声もあった。

 さらに、「(差別を受けたことがあり)子どもに、親が医療従事者であることを他人に言わないよう教えている」など、差別的扱いを受けたという回答が4例もあった。アンケートを実施した同連合会の総括は次の通り。

 「医療・介護・福祉労働者は職業上、一般の方より、感染リスクが高いと言える。自分が職場・施設にウイルスを持ち込まないために、自らの感染リスク対策はもちろん、家族にも同じことを行わなければならない。この精神的負担はとても大きいと言える。彼らは専門職である一方で、家に帰れば守るべき家族がいて、普通に生活する一般市民です。

 病院や介護施設は、患者・利用者が例年に比べて減少しているのにもかかわらず、医療介護の報酬は患者・利用者数に基づいているため、医療・介護施設の経営は大きな打撃を受けている。

 それにより医療・介護・福祉労働者は夏季一時金をはじめとした賃金の大幅なカットが行われており、職場での疲弊に加えて経済的な打撃も受けています。

 この現状を県内の皆さんにも少し知っていただき、また県をはじめとする自治体の皆さんにも知っていただき、補償や必要な医療品等物品の配給をお願いいたします」

その他の記事/過去の記事
page-top