【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県警が公表、交通指導指針

本紙掲載日:2020-05-21
3面

速度取り締まり強化−県北3署

 県警はこのほど、ホームページで県内各署の交通指導取り締まり指針を公表した。延岡、日向、高千穂の県北3署は重点路線での速度違反取り締まりなどに力を入れる。

 延岡署は国道10号での事故が多く、特に交差点付近での停止中や停止直前の追突事故が占める割合が高い。原因は前方不注視、動静不注視、安全不確認などで、夕方の交通量が増える時間帯に多く発生している。

 速度取り締まりの重点路線は、北川町長井の国道10号(規制速度50キロ)、土々呂町の県道門川土々呂線(同30キロ)、南一ケ岡の市道一ケ岡環状線(同40キロ)。他にも船倉町など歓楽街を中心に飲酒運転取り締まりを強化。スクールゾーンや通学路、区域を定めて時速30キロに規制している「ゾーン30」で横断歩行者妨害違反の取り締まりを行う。

 日向署は国道10号で午前中、国道327号は早朝や薄暮時にそれぞれ事故が多い。多発地点のお倉ケ浜交差点と新開橋交差点は減少したが、中原交差点で増加している。原因の多くは動静不注視という。

 速度違反取り締まりの重点路線は東郷地区の国道327号(規制速度40キロ)、比良地区の県道日知屋財光寺線(同)、富高地区の市道(同30キロ)。歓楽街を中心とした飲酒運転取り締まりも強化するほか、日知屋小学校周辺の通学路でも取り締まりを実施する。

 高千穂署は国道218号で午前6〜10時と正午〜午後6時、県道や町道では午後0〜2時がそれぞれ多いという。スーパーマーケットや金融機関付近で多発しており、継続して駐車場対策を実施する方針。

 また、九州中央自動車道高千穂日之影道路の出入り口になる雲海橋交差点で多発傾向にあるため、同所付近での駐留警戒や取り締まりを行うことにしている。

 同署は五ケ瀬町から日之影町までの国道218号(規制速度=法定50キロ)、高千穂町三田井から同町河内までの国道325号(規制速度50キロ)を重点路線とし、速度取り締まりを行う。

 県警交通指導課は「県民に広く理解いただき、交通事故抑止につながれば」と説明した。

その他の記事/過去の記事
page-top