【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

児童生徒、元気に登校

本紙掲載日:2020-05-25
1面
元気に登校する児童。スクールバスを利用する児童生徒は乗降の際に手の消毒をしていた(25日午前、北方学園)
真剣な様子で勉強する児童

県内の学校、25日から再開

◆長い休校明け−心のケアにも重点

 臨時休校が続いていた県立学校や公立の小中学校で25日、教育活動が本格的に再開された。

 延岡市の小中一貫校、北方学園(城戸勇司校長、202人)では、午前7時すぎから子どもたちが徒歩や自転車で続々と登校。遠方の児童生徒が利用するスクールバス4台も到着すると、教職員と大きな声であいさつを交わし、元気よく1日をスタートさせていた。

 県北各市町村の公立小中学校では、18、19日から、特別支援学校を除く県立学校では20日から、連日の登校日の設定が認められ、完全再開に向けた準備を進めていた。

 同校でも18日から、人同士の距離確保のため、学級ごと空き教室に移動させて授業を行うなど「3密」を避ける取り組みを徹底して、学習活動を実施。平日5日間を使い、徐々に学校で過ごす時間を延ばし、中学生については部活動を再開させるなど、久々の学校生活に慣れるよう工夫してきた。

 25日からは登校日ではなく「授業日」となり、「ようやくスタートがきれる」と同校職員。4月から続けてきた各家庭での検温チェック、手洗い、うがい、消毒、換気などを徹底し、休校でできなかった授業の内容を、少しずつ取り戻していく予定だ。

 登校を見守った城戸校長は「今まで通り元気に来てほしいというのが一番。長い休み明けで、登校しづらい子どもたちも出てきているので、心のケアに重点を置いていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top