【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡市・30日以降再開へ

本紙掲載日:2020-05-27
2面

公共施設やイベント・予防策徹底し段階的に

 政府が全国を対象にした新型コロナウイルス緊急事態宣言を解除したことを受け、延岡市は26日、臨時休館中の公共施設を30日以降、段階的に再開していくとする方針を決めた。イベントなども再開していくが、おおむね50人以下で県内在住者の参加者に限定した上で行うなどの要件を設け、協力を求めている。

 延岡市は新型コロナウイルスの感染拡大を防止するため、今月末まで公共施設を臨時休館するとともに、イベントなどの原則中止を要請していたが、緊急事態宣言解除に伴う国の方針、医療の専門家の意見などを踏まえ、段階的に再開していくことにした。

 公共施設は感染リスクが低い施設を限定的に再開するとし、30日からコミュニティセンターや集会所のほか、体育館やグラウンドなどスポーツ施設などが開館。図書館については、貸し出し・返却・図書カードの作成はできるが、閲覧や立ち読みは禁止となる。

 イベント実施や公共施設利用に関しては、参加者や人数の制限のほか、発熱やかぜの症状がある人の利用自粛や、施設利用の際のマスク着用と手指のアルコール消毒の徹底、施設内の飲食禁止、施設管理者への利用者全員の名簿(名前、住所、電話番号)の提出などの諸条件を設定。

 さらに、6月18日までに東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、北海道を訪問した人に対しては、延岡に帰ってきた後、2週間はイベント参加や施設の利用を自粛するよう求めている。市以外の団体が主催するイベントなどに関しても、これら諸条件を参考に実施するよう呼び掛けている。

 また、市は引き続き、うがい・手洗い・せきエチケットやマスク着用、「3密」(密閉、密集、密接)を避けるなど感染防止の徹底を要請。今月末までの他県との不要不急の往来の自粛や、6月1日から18日までの東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、北海道への移動は慎重に対応するよう注意喚起している。

◆読谷山市長、予防対策の徹底を

 読谷山洋司市長は、「全国的に新型コロナウイルス感染症の感染者が依然として発生しており、緊急事態宣言の解除は安全宣言ではないため、引き続き感染予防対策の徹底をお願いしたい」と市民に理解と協力を求めている。

◆妙田緑地なども使用再開

 延岡市は30日から、公園緑地で行われていた地域のグラウンドゴルフなどの団体の定期利用について、感染防止の観点から利用上の規則を設けた上で再開する。

 対象の公園緑地は大武公園、妙田緑地、浜川公園、一ケ岡中央公園、第1五ケ瀬川市民緑地、第2五ケ瀬川市民緑地、土々呂公園、北方公園など。新形コロナウイルスの感染拡大で、同公園緑地での団体の定期利用は自粛を求められていた。

 使用の際は、公共施設利用やイベント実施と同じく人数は50人まで。感染拡大地域から延岡に帰宅後2週間または発熱・かぜ症状がある場合の自粛や、利用者名簿の作成・保管、競技以外のマスク着用、手指の消毒の徹底などを守る。

 また、休憩時などを含めて対面や近距離で集合しない(間隔2メートル以上)、対面での飲食や会話、飲料の回し飲みをしない、タオルの使い回しをしない(各自持参)、県外団体との対外試合・交流を行わないことなども呼び掛けている。

その他の記事/過去の記事
page-top