【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

スマホGPS、その場で分かる

本紙掲載日:2020-05-29
3面
HPで公開している日向市WEB版防災ハザードマップ

洪水、津波浸水…

◆日向市HPで公開中−ウェブ版マップ

 日向市が市のホームページで公開している「WEB版防災ハザードマップ」では、災害時の指定避難所や津波浸水想定区域などが閲覧できるほか、GPS機能が利用できる端末であれば現在地周辺の情報の確認もできる。各種ハザード情報が一括して確認できるWEBサイトは県内初の運用という。

 WEB版防災ハザードマップは、災害協定を締結している地図会社「ゼンリン」(北九州市)の地図を基にした。各種ハザード情報のほか、施設情報も閲覧できる。

 ハザード情報は、「洪水浸水想定区域」「土砂災害警戒区域等」「津波浸水想定区域」「震度分布」「山地災害危険地区」「ため池決壊浸水想定区域等」の六つ。施設情報は、「指定避難所」「指定緊急避難場所」「福祉避難所」「要配慮者利用施設等」の計374カ所を掲載している。

 WEB版の特徴は利便性の高さ。市防災推進課の川畑剛技術員によると、GPS機能を利用できる携帯電話などの端末であれば、現在地を中心とした情報が表示できる。「市外から訪れている人や普段過ごしている自宅、職場の地域以外で災害に遭った際も、瞬時に避難場所を探すことができる」

 今後は情報を年1回更新する予定で紙媒体によるハザードマップに比べ、最新の情報をいち早く確認できるのがメリット。現在は、2018年までに公開された情報を掲載中。

 川畑技術員は、地図を拡大縮小して必要な範囲を印刷できる機能(パソコンのみ)を備えているため、「マイハザードマップ」作成にも役立てることができるとし、「まずは自宅や職場の周辺などを一通り見てほしい」と呼び掛けている。

 WEB版の閲覧方法は、市のホームページや専用のQRコードからサイトにアクセスすると、「水害に関するマップ」「土砂災害〜」「津波〜」「地震〜」の円形のマークが現れるのでクリック(タッチ)すると、自身が確認したい災害時の地図が表示される。

その他の記事/過去の記事
page-top