【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

心を込めて茶摘み体験−三ケ所小

本紙掲載日:2020-05-30
2面
茶葉を楽しむ児童ら。下級生に摘み方を教える光景も見られた

学校再開後、最初の行事−五ケ瀬

 五ケ瀬町三ケ所小学校(宇田津浩一校長、60人)は29日、学校の茶園で恒例の茶摘みを行った。1〜6年生が茶園に広がり、柔らかい新芽の手摘み作業を体験した。

 この日はまず、宇田津校長が校歌の歌詞に「茶畑」という言葉があることや、校章に3枚の茶葉が描かれていることを紹介し、「丁寧に心を込めて茶葉を摘んでください」とあいさつ。

 その後、児童は運動場の西側にある約3アールの茶園に移動し、グループごとに茶摘みを体験。特産の釜炒(い)り茶を生産する地元の「坂本園」代表の坂本建吾さん(53)らに教わりながら茶葉を摘み取った。作業中、上級生や教職員らが下級生に摘み方などを教える姿が見られた。

 この日は、給食の時間に収穫した茶葉の一部を天ぷらとして提供。残りは坂本さんが製茶して児童らに渡すという。坂本さんは「お茶は五ケ瀬の産業の一つ。地元のお茶を飲んでもらいたいし、大人になった時に茶摘みしたことを思い出してほしい」と話した。

 この日の茶摘みは、新型コロナウイルス感染拡大に伴う臨時休校明け最初の学校行事。6年の坂本柑奈さん(11)は「コロナの影響で全校での行事が少なかったけれど、小学校最後の茶摘みをみんなで楽しむことができて良かった。できたお茶は家族で一緒に飲みたい」と笑顔を見せていた。

その他の記事/過去の記事
page-top