【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

3町村で遠隔診療−県が今年度中に

本紙掲載日:2020-06-03
3面
中山間地域対策推進本部会議(2日、県庁)

椎葉、美郷、諸塚の国保病院

◆宮崎大と延岡病院をつなぎ専門医が助言

 県中山間地域対策推進本部会議は2日、県庁会議室であった。県北の中山間地域の医療確保のため、今年度中に椎葉村、美郷町、諸塚村の国民健康保険病院・診療所で遠隔診療が可能な体制が整備されることが分かった。

 県医療薬務課によると、遠隔診療はこれまで、高千穂町国民健康保健病院などで実際に運用されてきた。脳卒中の専門医が不在の病院と、宮崎大学病院の専門医がデジタル端末上でリアルタイムの診療画像を共有。専門医が、現場の医師に助言を行ってきた。

 今回の整備は、今年度から3カ年の中山間地域の持続可能な医療体制構築推進事業の一つ。入郷の3病院と、宮崎大学病院、県立延岡病院に画像共有システムを整備。脳疾患以外でも遠隔地にいる専門医が診療を支援する。

 また、県立延岡病院に導入を予定しているドクターカーについては、今年度末に運用を開始する予定。

 本部会議ではそのほか、県庁内の各部局が連携し、山間部の人口減少対策に取り組むワーキンググループの経過が報告された。子育て支援や空き家対策、ドローンによる宅配など具体的な案も出でおり、来年度以降の事業化を目指すという。

 河野知事は「新型コロナによる社会の変化を、明確にチャンスと捉えれば、いろんな展望が開けそう。積極的に取り組み、地域間競争の先頭を走っていければ」と語った。

その他の記事/過去の記事
page-top