【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

美郷町・みやざき林業大学校

本紙掲載日:2020-06-27
3面
宿舎建設の安全祈願祭。穿初の儀を行う田中町長(24日、美郷町西郷)

宿舎建設へ、安全祈願祭

 美郷町西郷田代のみやざき林業大学校で24日、宿舎建設安全祈願祭が現地であり、発注者の田中秀俊町長や施工業者ら15人が出席した。宿舎は年度内に完成し、来年3月から次期研修生の入居を予定している。

 田代神社の橋本勝禰宜(ねぎ)による神事が営まれた。田中町長や施工業者らによる地鎮の儀、刈初(かりぞめ)の儀、穿初(うがちぞめ)の儀、くい打ちの儀が行われた後、祭壇に玉串をささげ、工事期間中の無事故、無災害を祈願した。

 同校研修生のための宿舎建設について田中町長は、町には研修生を受け入れる宿泊施設などが不足しているとして「安全で安心な生活の担保に宿舎が必要。素晴らしい宿舎を建築していただきたい」とあいさつ。

 施行者である内山建設(日向市)の内山雅仁社長は「本県は、スギの丸太生産量29年連続日本一である一方、林業の人材育成が喫緊の課題。研修生の憩いの場、美郷の皆さんとの交流の場となるような宿舎の建設に努めたい」と話した。

 同林業大学校は昨年4月、県の林業や木材産業の担い手を育成することを目的に県林業技術センター内に開講。今年は、2期生として県内をはじめ東京都や熊本県の20人が入校した。

 20人中8人は、町営住宅や借家、2人が自宅に住んでいる一方、半数は賃貸物件が不足していることから町外から通っている。

 同町では、研修生が安全安心に生活できる環境を確保すると共に地域との関わりを深めてもらおうと宿舎新築を計画。9889万円をかけ、林業大学校から約1キロの町有地に宿舎を建設することを決めた。

 宿舎は、駐車場8台分を含む敷地面積は1537平方メートルで、建物の延べ床面積は311・49平方メートル。木造2階建てで、1K(30・9平方メートル)の部屋10戸が入る。

 同校の濱砂正則校長は「町からたくさんの支援をいただき感謝している。本県の林業を担う人材育成に努めるとともに、地域との交流を通じて町の発展につながるような学校でありたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top