【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ツバメが巣を作った場所は…

本紙掲載日:2020-06-27
7面
くす玉の上に作った巣に、忙しく餌を運ぶツバメの親鳥

 延岡市緑ケ丘の矢野力二(りきじ)さん(83)宅の玄関から「ピーピー」と聞こえてくるのは、ツバメの鳴き声。ひな4羽が、黄色いくちばしを大きく開けて、親鳥が餌を運んで来るのを待ちわびている。

 ツバメが巣を作ったのは、玄関前につり下げた折り紙の「くす玉」の上。「連休明けからツバメが飛び回っていました。まさか、こんな不安定な所に巣を作るとは」と妻のシゲ子さん(83)。

 くす玉は、熊本県内に住む長女の中田いく子さん(54)が帰省するたびに作ってきたもので、玄関前には昨年から飾り始めたという。新型コロナの影響で、今回数カ月ぶりに帰省し、巣を実際に見たいく子さんは「電話では聞いていたけど」とビックリ。

 玄関は屋内車庫の奥にあるため「カラスなどの天敵には見つかりにくいが、細い糸1本でぶら下がっているので心配だった」とシゲ子さん。すると、力二さんの通うデイサービスの職員が「コロナで沈んだ気持ちが癒やされる」と協力、麻ひもで補強してくれたという。

 一日に数回、玄関前のふんの始末がシゲ子さんの日課になったが「元気に育って無事に巣立ってほしい」と温かく見守っている。

その他の記事/過去の記事
page-top