【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

雇用維持で緊急支援事業

本紙掲載日:2020-06-27
3面

相談窓口と補助金・門川町

 門川町は25日、新型コロナウイルス感染症対策の雇用維持緊急支援事業を発表した。コロナ禍の拡大に起因する国の雇用調整助成金の特例措置や小学校休業等対応助成金などを活用する事業者を支援する。支援は、\賁膕箸砲茲詁段面砧疏蠱盟觚町雇用維持緊急支援補助金―の2本立て。

 専門家による特別無料相談窓口は、国の各種制度(雇用調整助成金の特例制度や小学校休業等対応助成金)や申請手続きについての専門家(社会保険労務士)による無料の相談会を実施する。

 開催日は7月3、10日と16〜9月19日までの毎週木曜日(7月23日を除く)。時間は午後1〜4時。会場はJR門川駅内の町商工会APIO。事前予約制。

 町雇用維持緊急支援補助金は、事業者が国の「雇用調整助成金」の特例制度、「小学校休業等対応助成金」の申請手続きを行う際の、専門家(社会保険労務士など)への費用の一部を補助する。

 対象者は町内の中小・小規模事業者。対象経費はコロナ禍対策により追加・拡大された雇用関係の助成金の申請などに関して、専門家に依頼した経費。助成額は経費の3分の2以内で上限10万円。申請手続きは(篏金等交付申請書⊆支予算書J篏対象経費の積算根拠となる資料など――をまちづくり推進課に提出する。

 問い合わせ、相談予約受け付けはまちづくり推進課(簗臉遑僑魁Γ隠隠苅亜法

その他の記事/過去の記事
page-top