【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

青空の下で田植え体験

本紙掲載日:2020-07-01
8面
もち米の苗を丁寧に植え付ける5年生

泥の感触楽しみながら−東小5年生

 延岡市の東小学校(末廣恭雄校長、560人)の5年生86人が24日、学校近くの田んぼで田植えを体験した。

 4年生で学んだ岩熊井堰(いぜき)と出北用水路の恩恵を実感する総合的な学習の一環で、地元の濱田憲司さん(77)と寺田勝彦さん(68)を講師に招いて実施。広さ約200平方メートルの田んぼは、濱田さんが約20年前から無償で提供しており、毎年、同校の児童がもち米の苗を植えている。

 この日は梅雨の中休みの青空が広がる中、児童は横一列になり、濱田さんと寺田さんのアドバイスで田植え綱の赤い目印に沿って等間隔に手植え。泥の感触を楽しみながら丁寧に植え付けていった。

 10月中旬以降に収穫し、その後、育てた米で餅つきをする予定という。工藤匠真さん(11)は「苗を植える時にこけたりして大変だったけど、楽しかった。餅を食べるのが楽しみ」と笑顔で話した。

その他の記事/過去の記事
page-top