【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

特養に手作りマスク

本紙掲載日:2020-07-01
8面
永寿園に手作りマスクを贈呈した日向中「みどりの風」の実行委員ら

日向中のボランティア組織

◆コロナ感染予防に役立てて

 日向市の日向中学校(三田明生校長、275人)の生徒でつくるボランティア組織「みどりの風」の実行委員8人が6月25日、学校近くの特別養護老人ホーム「永寿園」(松木真一施設長、80人)を訪れ、手作りマスク100枚を贈った。

 同校では総合的な学習の時間を活用し、福祉・ボランティア活動に取り組む「みどりの風の時間」を設定。同施設の高齢者や県立日向ひまわり支援学校の生徒などへ、手作りの贈り物を届けるなど交流を深めており、学校の伝統として30年近く引き継がれているという。

 今年は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、計画を変更。この時期に喜んでもらえるものとして、手作りマスクを贈ることとなった。

 マスクの材料の布は、財光寺に工場がある男性下着メーカー「TOOT」社に相談したところ、快く端切れを提供してもらったという。

 学校自体も臨時休校となったため、家庭での製作が中心となったが、約170人の生徒が呼び掛けに応じた。ほとんどが手縫いで、完成した力作のうち100枚を同施設に届けた。

 施設には3年生の実行委員8人が訪問。贈呈式で代表委員の丸藤祐希さん(14)が「少しでも感染予防に役立てたいという思いと、日々最高の笑顔で過ごしてほしいという願いを込め、全員が1針1針一生懸命に作りました。これからも体に気を付けて、元気に毎日を過ごしてください」とあいさつ、松木施設長にマスクを託した。

 松木施設長は「今でもマスクは足りないので非常に喜んでいます。早速、利用者一人一人に配って、皆さんの気持ちをしっかりとお伝えします」とお礼を述べた。

 同校では今月中旬ごろ、日向ひまわり支援学校中等部にも手作りマスクを贈る予定という。

その他の記事/過去の記事
page-top