【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

厄よけ、きゅうり封じ

本紙掲載日:2020-07-08
1面
キュウリ一本一本を手渡す谷山住職

光明寺で健康祈願の秘法−延岡

 延岡市古城町の光明寺(谷山光信住職)は7日、真言宗を開いた弘法大師が唐から持ち帰ったと伝わる厄よけの秘法「きゅうり封じ」を行った。

 キュウリは水分が多く朽ちるのが早いため、土に埋めると腐って溶けてしまうことに由来している。溶けるときに一緒に災いを持ち去ってもらおうと、病や悩みをキュウリに封じ込める。古くから、病気の平癒や健康を祈願する儀式として、土用の丑(うし)の日に行われてきたという。

 同寺では、毎月7日に行う、参拝者の煩悩を焼いて願い事を仏に届けるという「護摩祈祷(きとう)」に合わせ、10年ほど前から執り行っている。

 この日、参拝した約20人は、寺が用意したキュウリに、名前、一年の健康や交通安全などの願いを書き込んだ紙を巻き付けた。

 「護摩祈祷」に続いて行われた「きゅうり封じ」では、参拝者を前に、谷山住職らがキュウリ一本一本持って祈祷しながら、独鈷(とっこ)と呼ばれる仏具で穴を開けて護符を入れ、手渡していた。中には、子どもや孫、友人の分など、一人で20本ほどを封じてもらう人もいた。

 キュウリはそれぞれの家に持ち帰り、体の悪い部分をなでた後、土の中に埋めるという。

その他の記事/過去の記事
page-top