【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

災害時の対処どうする?

本紙掲載日:2020-07-08
8面
町のハザードマップを活用した防災学習
避難訓練で机の下にもぐる生徒ら(3日午後、門川中学校)

地震、津波に備え避難訓練と防災学習−門川中

 地震や津波などによる災害や防災についての知識を深め、いざという時の対処能力を身に付けようと、門川町の門川中学校(雕集弘校長、481人)は3日、全校生徒を対象に避難訓練と防災学習を行った。

 同校は年3回、避難訓練を実施しているが、コロナ禍で5月に予定していた訓練を延期したため、今月の防災学習と併せて計画した。

 避難訓練では、地震発生を知らせる校内放送を受け、生徒らが机の下に身をかがめて安全を確保した。本来は、3階の指定教室に避難することになっているが、この日は感染防止として「3密」を避けるため、避難行動は取らず、地震発生時に自分が居る場所からどこに避難すべきかを確認した。

 訓練後の防災学習では、町総務課消防防災係の川越泰博係長、県防災士ネットワーク日向・東臼杵支部の黒木茂紀支部長らの指導で、町のハザードマップを活用しながら自宅や学校、自宅付近の高台、登下校時の通学路などをチェック。正しい判断と行動ができるよう危機意識を高めた。

 黒木支部長は「門川中学校は、通学路を含めて津波の危険性の極めて高い地理条件にある。学校では皆さんの命は守られるが、家庭でもさまざまな自然災害に対する取り組みが重要。防災の基本である、自らの命は自ら守るということを改めて考えてほしい。各家庭の防災マップを作って掲示してほしい」と呼び掛けた。

 1年生の一瀬優心さんは「ハザードマップの読み方が分かり、大切だと思った。自分たちが生活する位置や高さを知り、南海トラフ地震の時には浸水被害など、災害に遭う範囲の広さに驚いた。日頃から備え、みんなの命が守れるようにしておかなければと思った」と感想を話した。

その他の記事/過去の記事
page-top