【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

コロナ対策・あす以降も現状を継続

本紙掲載日:2020-07-09
3面

延岡市・施設利用と予防対策

 延岡市は、新型コロナウイルス感染症に関するあす以降の対応について、感染者の宮崎市での新たな発生の確認と、東京都や鹿児島県などで増加している状況などを踏まえ、現状の公共施設の利用状況と感染予防対策を継続する方針を決めた。期間は19日まで。

 市は、5月の政府の緊急事態宣言解除後に県内発生がない状態が続いたため、専門家の意見や国の方針を踏まえ、先月19日から公共施設の開館やイベント実施の制限などの緩和を段階的に実施。県内発生がない状況が続けば、あす以降さらに緩和する方針だった。

 公共施設の開館状況は9日現在、108施設のうち各コミュニティセンターや延岡総合文化センター、駅前複合施設エンクロス、運動施設など100施設が開館、ヘルストピア延岡や市立図書館など6施設が一部開館、遊泳場2施設が検討中。ヘルストピア延岡は温浴施設やサウナ室の利用人数を制限して営業(午前10時〜午後7時)し、スライダープールやキッズランドなどは休止する。祝子川温泉美人の湯は入浴のみの利用(午前10時〜午後6時)。市立図書館は和室や朗読録音室の閉鎖を継続する。

 西階遊泳場と浜川遊泳場は8月1日に開場する。公共施設以外に須美江、熊野江、下阿蘇の3海水浴場については、更衣室の感染防止対策を講じた上で、今月11日にオープンする。

 公共施設の利用要件については、引き続き発熱など風邪の症状がある場合の利用の自粛や、利用する際のマスク着用と手指の消毒の徹底を呼び掛ける。利用団体の責任者は利用者名簿を提出する必要はないが、発生に備えて参加者を把握しておくよう求める。

 大会やイベントの規模などは、屋内施設の場合は定員の50%、屋内体育施設は定員の25%までとし、屋外施設の場合は上限人数を1000人とする対応を継続。施設内での食事は、向かい合って食べないなど感染防止の工夫を促している。

 市は、宮崎市での新たな感染確認を受け、改めて手洗い・うがい、せきエチケット、3密(密閉、密集、密接)を避ける行動の徹底とともに、感染者が増加する東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、鹿児島県への往来は必要性を十分に判断し、慎重な行動を求めている。

 公共施設の利用やイベント規模、感染防止対策は自治体ごとに対応が異なるため、居住する市町村に問い合わせる。

その他の記事/過去の記事
page-top