【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

死者、不明者11人−芦北町を支援

本紙掲載日:2020-07-13
1面
金丸秀一主事

合同派遣−日之影町から金丸さん

 豪雨で大きな被害を受けた熊本県芦北町を支援するため、日之影町税務課主事の金丸秀一さん(29)が派遣されることになり、10日に同町役場で出発式があった。支援活動は12〜19日まで。

 派遣は県、市長会、町村会が合同で行うもので、県と市町村職員が12日から8月16日まで5班50人態勢で派遣される。金丸さんは第1班として県職員6人、宮崎市職員2人、三股町職員1人とともに出発した。

 芦北町の人口は約1万5千人。8日現在、死者10人、行方不明者1人、全壊14棟、半壊7棟、床上浸水287棟、床下浸水277棟の被害が確認されている。

 金丸さんは、芦北町の職員と共に罹災証明書の発行や被災した家屋の認定調査業務などに当たる。

 出発式で佐藤貢町長は「その土地の人々の大変苦しい心情を理解しつつ、公務員としての使命を持って精いっぱい頑張ってきてほしい」とあいさつ。金丸さんは式に出席した工藤裕士副町長や甲斐徳仁町議会議長らから「頑張って」「気をつけて」などと激励を受けた。

 2016年の熊本地震後、被災した熊本県山都町に派遣されて罹災証明書発行業務に携わった経験がある金丸さんは「不安な毎日を過ごす方もたくさんいると思う。被災された方々にしっかりと寄り添い、町の代表として災害支援業務に取り組んでいきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top