【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

アートで感謝を伝えよう

本紙掲載日:2020-08-06
6面

国連ハビタット−絵を撮って送ってね

 国連ハビタット(人間居住計画)福岡本部は、「世界ハビタット・デー記念アートプロジェクト〃MANYTHANKS〃」の作品を募集している。アジア太平洋地域を中心とする小学4〜6年生が対象。9月18日締め切り。

 それぞれの「まち」を感染症の影響から守ろうと尽力している多くの人たちに思いを寄せ、絵画を通して感謝の思いを届けるプロジェクト。例えば医療従事者、介護従事者、救急隊員、学校関係者、ごみ収集、自治体職員ら。

 新型コロナウイルス感染症の世界的流行を受けて、例年行う「世界ハビタット・デー記念絵画コンクール」を中止したため、その代わりに企画した。

 「〃まち〃を支えてくれる人たちに『THANKYOU』を伝えよう」をテーマに描き、それをスマートフォンやデジタルカメラなどで撮影したデジタル画像を、国連ハビタット福岡本部(habitat.fukuoka@un.org)に送る。その際、応募者の基本情報とメッセージを添付する。賞の授与はない。

 絵画の画材や規格は自由。データ送信の総容量は1〜10MBに納める。新型コロナウイルス対策として、作品の郵送での提出は受け付けない。問い合わせ先は同本部(電話092・724・7121)。

◆ハビタット・デー絵画延岡展は中止

 国際ソロプチミスト延岡(片伯部久美恵代表)は、国連ハビタット主催のコンクールに合わせて毎年開いていた「世界ハビタット・デー記念絵画コンクールin延岡」を、今年は中止すると決めた。

 同コンクールに延岡市から提出する作品を市民に披露する展示会。昨年は駅前複合施設エンクロスで行った。

その他の記事/過去の記事
page-top