【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県内新たに13人

本紙掲載日:2020-08-07
1面

新型コロナ感染者累計228人

◆延岡・41例目、日向・6例目

 県内では6日、新型コロナウイルスの感染者が新たに13人(216〜228例目)確認され、このうち県北は延岡市と日向市のいずれも50代男性2人の感染が判明した。

 ほかに、宮崎市4人(40代男性2人、60代男性、40代女性)▽都城市4人(70代・50代男性、80代・40代女性)▽高鍋町1人(30代女性)▽新富町1人(20代男性)▽西都市1人(50代女性)だった。

 5日に発表された新規感染者(4日判明分)の行動歴なども報告され、延岡市の2人のうち40代女性は、県が公表した県立延岡病院の事務職員で、夫が感染していたことが分かっている。

 もう1人の30代女性は喉の痛みが出た7月28日から仕事を休み、同31日に嗅覚異常の症状があったという。家族1人が濃厚接触者で、その他の接触歴などを調査している。

 西都市の50代女性は、複数の感染者が出ている障害者施設の利用者で、これで同施設の感染者は職員2人と入所者5人の計7人に拡大。都城市の50代男性は西諸県農林振興局の職員で、別の感染者との接触歴が確認された。宮崎市の30代女性も感染者の友人と会食していたことが分かった。

◆受け入れ病床、目標の240を達成

 県は6日、新型コロナ感染者を受け入れる協力医療機関の病床を5日までに、宮崎・東諸県医療圏域で新たに10床、都城・北諸県圏域で8床確保したと報告。県全体では246床となり、目標としていた240床を達成した。

 協力医療機関は4日にも延岡市内の2施設が加わって計24床が確保されるなど、今週に入り42床増加。河野知事は医療機関の協力に感謝するとともに、「さらなる拡充を図りたい」としている。

◆通知システム運用開始−宮崎市

 宮崎市は6日、市内の店舗や施設を利用した人に電子メールで、新型コロナ感染者に接触した可能性を知らせる「新型コロナウイルス感染症リスク通知システム」を導入したと発表した。

 同システムは、市内の店舗や不特定多数の人が利用する施設、イベント会場などに掲示するQRコード(二次元コード)を携帯電話やスマートフォンで読み込み、自分のメールアドレスを登録して利用。同じ日にその施設を利用した感染者が確認された場合に、通知が届くという。

 施設ごとにアドレスの登録が必要。また、あくまでも感染者が訪れていたことを知らせるだけで、どの程度の接触があったかは分からないため、通知メールが来ても感染の疑いがあるとは限らない。

 市は「通知メールを受け取った場合はまず、体調管理に十分留意し、検温や手洗い、マスク着用など行った上で、体調に不安があれば各新型コロナ感染症健康相談センターに相談してほしい」としている。

その他の記事/過去の記事
page-top