【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

障がい者相談員、8人に委嘱状−日向市

本紙掲載日:2020-08-07
8面
十屋市長から委嘱状を受け取る市障がい者相談員

「スキルアップして使命果たす」

 日向市障がい者相談員の委嘱状交付式が5日、市役所であり、十屋幸平市長が一人一人に委嘱状を手渡した。任期は2022年7月31日までの2年間。

 同相談員は市内に住む障害者やその家族などに対し、これまでの経験や知識を生かしながら必要な助言などを行っている。相談内容によっては専門の窓口やサービス機関につないでいる。

 相談は、主に第1、3土曜日の午前10時から正午まで、同市上町の市障がい者センター「あいとぴあ」(トライアル日向店近く)で交代で受け付けている。なお、16日までは新型コロナウイルス感染拡大防止のため休館している。

 交付式には、委嘱を受ける8人のうち5人が出席。十屋市長は日頃の活動に感謝し、「今後も長年の知識や経験を生かして、さまざまな意見、要望に対応いただき、関係機関との連携や情報提供に尽力してほしい」と協力を呼び掛けた。

 代表で、市障がい者相談員協会の佐藤正由会長(73)=中堀町=が「障害の種類は多岐にわたっており、相談内容も異なるため、相談員同士が情報交換することが必要と考えている。より幅広い内容の研修会を通じて、スキルアップに努めながら、障害者の方やその家族の皆さんが安心安全に日常生活が送れるように使命を果たしていきたい」と抱負を述べた。

 委嘱を受けた相談員は次の人たち(いずれも再任、敬称略)。

佐藤正由、三宅美佐子、甲斐ひろみ、矢野忠則、福丸順子、白菊米子、寺田三郎、首藤正一

その他の記事/過去の記事
page-top