【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ふるさとの復興願って

本紙掲載日:2020-08-10
2面
夕刊デイリー新聞社を訪れ、寄付金を手渡す黒田会長(中央)、右は那須事務局長

熊本県人会が義援金40万円

◆令和2年7月豪雨災害義援金

 延岡市と周辺町村に住む熊本県出身者でつくる延岡市熊本県人会(黒田勝会長)は7日、「令和2年7月豪雨」で被害を受けた熊本県への義援金40万円を、夕刊デイリー新聞社に届けた。義援金は日本赤十字社に寄託した。

 この日は、黒田会長、那須義繁事務局長が夕刊デイリー新聞社本社を訪れ、松永和樹社長に義援金を手渡した。

 義援金は、役員や会員らが知人や友人などから集めた。同市の旬鮮工房「源太」、日之影町の栄高産業、佐藤工業生コンなどの企業も協力したほか、旭化成延岡OB会館にも募金箱を設置し、協力を呼び掛けたという。

 黒田会長は「本来なら直接届けたいが、新型コロナの影響で難しい。被災地の生活は大変だと思うが、体調管理に努めて頑張ってほしい。一日も早い復興を願っている」と話した。

 同県人会は1992年に発足。現在の会員は約120人。毎年、新年会や総会・懇親会、ふるさとへの観光旅行のほか、九州中央道促進大会への参加、活動内容を掲載する「くまモン新聞」の発行などを行っている。ふるさとに義援金を贈るのは、熊本地震が発生した2016年に続いて2回目。


◆10月24日の総会は中止

 延岡市熊本県人会は、新型コロナ感染拡大防止のため、10月24日に予定していた総会の中止を決めた。

その他の記事/過去の記事
page-top