【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

決戦の地、和田越で慰霊−延岡西南役会

本紙掲載日:2020-08-12
1面
きれいに掃除した慰霊碑前で黙とうする皹魂馗垢

コロナ禍−12日、役員のみで

 延岡西南役会(皹砂^賚魂馗后砲錬隠夏、同市無鹿町の和田越決戦之地慰霊碑前で慰霊と周辺清掃を役員のみで行った。今年は新型コロナ感染拡大防止のため、例年は和田越決戦当日の15日に行う戦没者慰霊祭を中止した。

 12日は、皹魂馗垢蕋歓佑参加。周辺に散らばる木の枝や落ち葉などを丁寧に取り払い、慰霊碑はタオルなどできれいに拭き上げた。清掃後は慰霊碑前に役員が整列、献花や献酒、黙とうをして戦没者の霊を慰めた。

 皹魂馗垢蓮崑燭の人に地元に残る西南戦争の歴史を知ってもらいたい。近くに来たときは、ぜひ立ち寄ってほしい」と呼び掛ける。

 和田越は、西南戦争における最後の激戦地。同慰霊碑周辺は、西郷隆盛が直接陣頭指揮を執った最初で最後の地とされる。1877年8月15日、西郷率いる薩摩軍3500人と山県有朋率いる政府軍5万人が戦い、5時間に及ぶ激戦の末、薩摩軍は敗退。両軍合わせた戦死傷者は300人を超えた。翌16日、薩摩軍は北川町俵野で解散を決め、西郷らは政府による可愛岳の包囲網を突破して郷里の鹿児島に退いた。

 同会は毎年15日、献花や保育園児による団七踊りなどを奉納して戦没者の慰霊を行っている。慰霊碑は、国道10号の和田越交差点のすぐ北にある旧道を上り、峠の頂上付近にある。

その他の記事/過去の記事
page-top