【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

イベント制限、条件付で緩和

本紙掲載日:2020-09-19
1面

前提「大声の歓声・声援ない」−県・11月末まで

◆収容率クラシック100%、ロック50%

 県は18日、国が示した基準に準じ、上限5千人としていたイベント開催の制限を19日から緩和すると発表した。コンサートの収容率はクラシックが100%まで可能なのに対し、ロックは50%以内とするなどの条件付きで、11月末まで適用する。

 緩和されるのは、新型コロナウイルス感染状況の警戒レベルが「緑圏域(感染未確認地域)」の県北など23市町村。会場定員に対する収容率については、演劇や展示会など「大声での歓声・声援」がないことを前提としうるイベントは実質制限なしだが、スポーツ観戦やライブハウスなど「大声での歓声・声援」が想定されるものは半分以下とする。

 ただし、会場の収容可能数が1万人を超える場合は定員の半数が上限。例えば、定員8千人の会場であれば満席でもいいが、定員1万2千人の会場は6千人までとなる。

 「黄圏域(新規感染者が限定的な地域)」の宮崎市・東児湯郡圏域は、これまで通りイベント規模は5千人までとし、屋内開催は収容率50%以内とする。

 国はガイドラインで、1千人超の大規模イベントが開かれる場合、各都道府県が主催者から事前に相談を受け、開催のあり方を適切に判断するよう指導。全国的な感染拡大やイベントでクラスター(集団感染)が発生した場合は制限を見直すとしている。

【実質人数制限なしのイベント】
[大声での歓声・声援等がないことを前提としうるものの例]
▽音楽=クラシック音楽(交響曲、管弦楽、協奏曲、室内楽、器楽、声楽など)歌劇、楽劇、合唱、ジャズ、吹奏楽、民族音楽、歌謡曲などのコンサート

▽演劇等=現代演劇、児童演劇、人形劇、ミュージカル、読み聞かせ、手話パフォーマンスなど

▽舞踊=バレエ、現代舞踊、民俗舞踊など▽伝統芸能=雅楽、能楽、文楽、人形浄瑠璃、歌舞伎、組踊、邦舞など)

▽芸能・演芸=講談、落語、浪曲、漫談、漫才、奇術など

▽公演・式典=各種講演会、説明会、ワークショップ、各種教室、行政主催イベント、タウンミーティング、入学式・卒業式、成人式、入社式など

▽展示会=各種展示会、商談会、各種ショー

▽同様の扱い=映画館、美術館、博物館、動植物園、水族館、遊園地など

【収容率50%以内のイベント】
[大声での歓声・声援等が想定されるものの例]
▽音楽=ロックコンサート、ポップコンサートなど

▽スポーツイベント=サッカー、野球、大相撲など

▽公営競技=競馬、競輪、競艇、オートレース

▽公演=キャラクターショー、親子会公演など

▽ライブハウス・ナイトクラブ=各種イベント

▽同様の扱い=遊園地のいわゆる絶叫系アトラクション

その他の記事/過去の記事
page-top