【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

移動スーパー「とくし丸」−サンシールさの

本紙掲載日:2020-09-22
1面
門川町とサンシールさのとの連携協定締結式(中央左が安田町長、同右が佐野政男社長)

買い物支援、見守りなど−門川町と協定

◆延岡市内含む3コース2回巡回

 門川町は15日、サンシールさの(同町東栄町、佐野政男社長)と連携協定を締結した。同社が今月28日からスタートさせる移動スーパー「とくし丸」の多面的なサービスを活用し、地域の発展に貢献することが目的。福祉や防災、地域振興、地方創生など幅広い分野で相互に連携し協力する。

 「とくし丸」は小型トラックで、日常の買い物に不便を感じている高齢者や体の不自由な人などにサンシールさのが扱う生鮮品を含む約400品目の1200点を届ける。

 3コースを週2回巡回。門川町内だけでなく、延岡市の鶴ケ丘、平原町、沖田町の一部も回る。

 購入希望者方の家を1軒ずつ訪問するほか、高齢者施設などでも販売する。今後、訪問エリアの拡大も予定しているという。

 締結式は役場応接室であり、安田修町長と佐野社長が署名、押印し、締結書を交わした。

 具体的な連携内容は、^榮鞍稜笋砲茲觜睥霄圓覆匹悗稜磴な支援移動販売による高齢者見守り活動8共交通空白地域における買い物困難者への買い物支援ず匈欧鉾えた防災力向上に関する相互協力イ修梁勝∧〇磴篷漂辧地域振興および地方創生に貢献する活動への連携協力――。

 協定による連携の円滑な推進を図るため、それぞれ連絡調整に関する担当部署を定めるとともに、必要に応じ協議を実施し、連携事業の企画立案、進行管理などを行うとしている。

 締結式後に安田町長は「移動販売は、高齢者や買い物困難者の方々に安全と安心を提供する事業であり、地域が抱える課題解決にも貢献していただけるものと確信している」とあいさつ。

 佐野社長は、「今後は門川町の福祉や防災、振興と、全面的に協力してまいりたい。門川町に店舗を構え40年。門川町、県北の皆さまに支えられた会社。食料品を高齢者や体が不自由な方、買い物が困難な方の元に運ぶ。運ぶだけでなく見守りも兼ねているので、安心も提供できる。地道な活動だが、頑張っていきたい」と決意も新たに語った。

◆28日に出発式

 事業がスタートする28日は、午前8時50分からサンシールさの正面広場で店の関係者や安田町長、延岡市の読谷山洋司市長らが出席して出発式を行い、事業開始を祝う。

その他の記事/過去の記事
page-top