【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「竜巻から1年」(2)19年9月22日

本紙掲載日:2020-09-22
1面
竜巻による倒木で被害を受けた竹谷神社(昨年9月24日撮影、延岡市大峡町)
復旧のめどが立たずビニールシートに覆われたままの本殿を示す黒木さん(右)と山さん(14日、同)

スギが倒壊、本殿に被害

◆大峡町の竹谷神社付近まで到達か

 「1年たちましたが、復旧のめどは立っていません」と話すのは、延岡市大峡町の山中にある竹谷神社(玉置重徳宮司)の氏子総代の一人、黒木弘一さん(64)。

 昨年9月の竜巻による突風で、本殿周辺の直径40、50センチはあるスギが複数本倒れ、そのうちの3本が本殿を直撃。本殿の屋根などが壊れるなどの被害に遭った。

 同神社は大峡町入り口の国道10号から、延岡学園高校前を通って約4キロの山中。創建は1771(明和8)年とされる。伝説によると、大峡村の信仰深い長右衛門の夢枕に現れたニニギノミコトから告げられた巨石に触れると病気が治ったことから、その土地に神社を建立。以来、病気平癒、健康長寿、武運長久、夫婦円満などの神様として信仰を集め、戦時中は出征兵士の無事帰還を願う人の参拝が後を絶たなかったという。地元では春の大祭で神楽奉納などを続けてきた。

 第一発見者で氏子総代も務める山洋一さん(76)は「竜巻が通過した翌日の午前中、市内の被害状況を目の当たりにして胸騒ぎがした」と神社へ向かった。神社に続く道路には多数の倒木が重なり不安は的中。神社に到着すると、無残な本殿を見て絶句した。

 山さんは「これまでの台風でも大きな被害を受けたことはなかった。まさか神社まで竜巻が来るとは想像もしていなかった」と振り返る。

 被害を知った役員らが集まり、対応を協議。市に道路の復旧を要請し、周辺の倒れたスギの撤去、壊れた本殿の屋根をビニールシートで覆う応急措置を施した。

 同神社は、大峡町の地元住民が中心となって運営している。多い時には90以上あった世帯数も、現在は減少傾向。さらに、高齢化も進み、予算的にも厳しい状況が続いている。さらに、追い打ちをかけるように新型コロナが。黒木さんは「役員らで対策を協議していたが、コロナで住民が集まることが難しくなり、復旧が止まってしまった」と嘆く。

 そんな中、毎年3月の第1日曜日に開催する春の大祭は、今年も規模を縮小して開催した。「町外には告知をしなかったが、多くの人が訪れてくれた」と黒木さん。神社復旧に希望が持てたと前を向く。

 黒木さんは「現在の本殿は築100年以上がたち、早急に対策を講じたい。さまざまな方法を模索しながら、何とか復旧への道を切り開きたい」と語った。

 昨年の竜巻被害は、延岡市内の広範囲に及んだ。その終点と考えられているのが同神社。同神社は、桜ケ丘から尾根を越えた北の直線上にある。

その他の記事/過去の記事
page-top