【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

五ケ瀬の甘いブドウをどうぞ

本紙掲載日:2020-09-22
7面
五ケ瀬町のブドウをPR、販売する同町の小学4年生(18日午後、道の駅「高千穂」)

4校の小学4年生がPR販売

◆体験して学ぶ地域の特産品

 五ケ瀬町で栽培が盛んなブドウをPRしようと同町の上組、三ケ所、坂本、鞍岡小学校の4年生23人が18日、自分たちで収穫したブドウを延岡市の道の駅「北川はゆま」と高千穂町の道の駅「高千穂」でPR販売した。

 4校の4年生は、五ケ瀬町桑野内のブドウ農家興梠浩幸さん(55)の協力で栽培について学習。これまで脇芽の芽摘みや袋掛けなどの作業を体験してきた。

 販売前日にはビニールハウスでオリンピアという品種のブドウを収穫して袋詰め。店頭に立った18日は350〜1000円の約300袋を販売した。

 法被姿の児童が交代で販売とPRを担当。PRした児童らは昼は暖かくて夜は涼しい五ケ瀬町の気候がブドウ栽培に適していると紹介しながらアピール。販売した児童らはブドウを購入した人に大きな声で「ありがとうございます」と声を掛けていた。

 ブドウの糖度は通常16〜18だが、収穫したブドウの糖度は23もあった。試食した県内外からの人には「おいしい」と評価も高く、すぐに買い求める人もいた。

 上組小の村中美月さん(9)は「販売を経験できて良かった。五ケ瀬は気候が良くてブドウがおいしいことを知ってもらいたい」と話した。

 毎年、児童の学習に協力している興梠さんは「一番は子どもたちに楽しんでブドウ作りをしてもらいたい。将来、五ケ瀬でブドウ作りをしてもらえたらいいですね」と笑顔で話した。

その他の記事/過去の記事
page-top