【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

受け継ぎたい伝統文化−伊形花笠踊り

本紙掲載日:2020-09-24
7面
会員に教わりながら、動きの確認をする伊形小6年生
動きをそろえられるように練習

県、市指定無形民俗文化財

◆運動会に向けて稽古−伊形小6年生

 延岡市の伊形小学校(中野哲洋校長、310人)では、10月中旬にある運動会での披露に向けて、6年生55人が地元に伝わる「伊形花笠踊り」の練習に励んでいる。子どもたちは「伊形花笠踊り保存会」(重黒木實行会長)の会員から教わりながら、伝統的な舞を覚えて本番で成功させようと張り切っている。

 同踊りは、約400年前から伊形地区に伝わり、県と市の無形民俗文化財に指定されている。7羽のシラサギが津波を鎮めたという伝説に由来するとされ、毎年8月15日にある「龍神祭」で、同地区の男性で構成する舞い手や伊形小の有志が奉納している。

 重黒木会長によると、同校6年生が運動会で踊るのは、1993年から続く恒例行事。同会は毎年同校を訪れ、踊りの歴史について話したり、舞い方を教えたりしているという。

 23日には同会の会員5人が同校を訪れ、実際に子どもたちに見本を見せながら「これは、波よ来るなよーという合図」など、動きの意味を説明しながら、細かな動きの確認をした。

 練習は9月から始めたが、「6年生になったら踊ることができる」と子どもたちも楽しみにしているのに加え、会員の丁寧な指導もあって、覚えが早いという。

 黒木友希愛さん(12)は「思っていたより難しいが、実際に自分たちで踊ってみてかっこいいなと思った。本番ではみんなで心を一つにして、動きをそろえたい」と話し、「これからもこの踊りを受け継いでいきたい」。重黒木会長も「これからも、この伝統を続けていってほしい」と願っている。

その他の記事/過去の記事
page-top