【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県森林環境税、継続方針を確認

本紙掲載日:2020-10-21
3面
県森林環境税活用検討委員会

県の活用検討委−構想案を承認

 県民1人につき年500円を徴収している県森林環境税の活用検討委員会(委員長・藤掛一郎宮崎大学農学部教授、9人)が16日、県庁で開かれ、課税継続を含む第4期(2021〜26年度)構想案を承認した。パブリックコメント(県民意見調査)などを経て、11月に県議会へ条例改正案を提出する。

 同税は、森林環境保全に関して県と県民が協働して取り組む施策の費用に充てるため、2006年4月から導入し、個人のほか、法人からも法人県民税の5%相当額を徴収。5年ごとに課税期間を延長しており、現在の第3期は今年度が終期となる。

 この日の委員会では第3期の成果として、森林ボランティアは5年前の期初より29団体増の206団体、ボランティア整備の森林は計1769ヘクタール、企業の森づくり協定も18増の59件で協定面積は36ヘクタール増の378ヘクタールまで拡大したことなどが報告された。

 一方、ボランティア参加者数は17年度の約2万9千人をピークに減少傾向にあり、第4期の取り組みでは新たに「森林空間を活用したワーケーションの支援」を追加。都市部の企業が自然の中でゆっくりと働ける環境を整備し、交流を持つことで、森林づくりの輪を広げていくという。

 また、多面的機能を発揮する豊かな森林づくりの一環として、下刈りの省力化などが期待される早生樹の導入を促進。県担当者は、20〜30年で木材生産ができる樹種を研究しており、家具材などの需要があるセンダンが有望種と報告した。

 森林環境税の在り方については昨年末の県民アンケートで、県民の74%、企業の79%が継続を賛成かやむを得ないと回答。河野知事も今年9月の県議会で継続の意向を表明していることなども踏まえ、同額・同税率で課税期間を延長する方針とした。

その他の記事/過去の記事
page-top