【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

コープみやざき北小路店が完成

本紙掲載日:2020-10-22
3面
完成した「コープみやざき北小路店」。オープンは31日
玉ぐしをささげ店の完成を祝う吉元会長

外観は城下町をイメージ−31日にオープン

 生活協同組合コープみやざき(本部・宮崎市、真方和男理事長、吉元美智会長)が延岡市北小路に建設していた「コープみやざき北小路店」が完成し、21日、同店で落成式典が開かれた。関係者や来賓ら60人が出席し、完成を祝った。商品搬入などの準備を進め、31日にオープンする。

 同店の場所は宮崎銀行祇園町支店の西隣(旧ダイエー跡地)で、4月に起工式を行い、建設工事が進んでいた。敷地面積は約2400坪(7940平方メートル)、建物は延べ床面積約900坪(2975平方メートル)の一部2階建てで、地上と屋上に合計約200台分の駐車場を有する。

 店の外観は城下町をイメージし、さらに隣接する宮崎銀行祇園町支店と協調する黒を基調とする一方で、店内は清潔感ある白を基調としている。また、建物全体も落ち着いた雰囲気を感じさせるデザインにするなど、景観にも配慮している。

 北小路店は市内では浜町店に次いで2店目、県内では16店目の出店。営業時間は毎日午前10時から午後8時で、食料品や日用品などを豊富に取りそろえる。購入商品を飲食できる「くつろぎコーナー」、オストメイト(人工肛門・人工ぼうこう造設者)対応の多目的トイレなども備える。

 式典では、関係者が祭壇に玉ぐしをささげて完成を祝うとともに、店と地域の発展を祈願。吉元会長が「寄せられる声を事業に生かし運営している。北小路店も地域の声で使いやすく、暮らしに役立つ店に育てたい」とあいさつ。来賓の読谷山市長は「市民に寄り添ったサービスが北小路店で新たに始まることをうれしく思う」と励ました。

 また、真方理事長は「組合員の期待に応え、地域の暮らしに役立つ店になるよう頑張っていく」と決意。式後に西村清志店長は「延岡市の世帯の65%が1、2人世帯。少人数家族や高齢者が買い物しやすい商品をそろえたい。要望に応え、温かみのある店をつくりたい」と抱負を話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top