【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

知事らと会談−米軍隊員宿泊問題

本紙掲載日:2020-10-23
3面
河野知事らに現状を説明する九州防衛局・廣鷆苗

九州防衛局長、外出控えるよう要請

 航空自衛隊新田原基地(新富町)で日米共同訓練に参加する米軍隊員の宮崎市内宿泊を巡り、九州防衛局の廣麥Щ匐苗垢錬横夏、県庁を訪問し、河野知事や同基地周辺協議会(会長・小嶋崇嗣新富町長)と会談した。河野知事らは今後、より迅速、丁寧な情報提供と、原則基地内宿泊の2点を文書で合意形成するよう求め、廣鷆苗垢亙現餾鄒することに同意した。

 会談では、廣鷆苗垢現状を説明。河野知事は「繰り返し求めてきた基地内宿泊が実現していないという点は大変残念で、基地外宿泊を容認はしていない。だが、現在進行していく中で安全対策をより詰めていく必要がある」と述べた。

 小嶋町長によると、協定により事前の情報提供や、2011年に米軍宿泊施設を整備した際、原則基地内に宿泊することは口頭で確認していたという。

 小嶋町長は会談後報道陣に、「主導権が米軍側により過ぎるという点が一番の懸念。事前の情報提供という部分や、原則基地内宿泊という点を文書でよりはっきりさせていきたい」と説明した。

 廣鷆苗垢隆鏡症対策と安全対策についての説明は次の通り。

 「12日に知事らの要請を受け、米軍に基地内宿泊を申し入れたが、米軍からは、新型コロナ感染症対策について厳しい措置を行っているなどを理由に実現に至らなかった」「ソーシャルディスタンスを確保した場合、基地内宿泊施設は70人程度の収容見込みであり、一部の隊員の宿泊を要請したが、実現に至らなかった」

 「今後の訓練については、新型コロナの感染状況によるが、基地内で宿泊すべく米側と調整したいと考えている」

 「九州防衛局としては、職員を1日当たり約30人派遣し、24時間態勢でホテル周辺や市街地を重点的に徒歩で巡回。ホテルから基地までの通勤ルートを車両で巡回する。その際には通学路や宮崎市内のイベントを踏まえて対応する」

 「米軍に対し厳粛な服務規律の徹底、不要不急の外出を控えるよう要請。食事についてはホテルで取るよう米側に周知している」

 「感染症対策については、米軍・自衛隊双方において医療・衛生態勢を構築し、地元の保健当局とも情報共有態勢を構築」「人との接触を最小限にするよう米軍に対しても常に注意喚起を行う」「県から提案をいただいた到着後のPCR検査を行うことは防衛省本省、現地レベルで米軍に要請している」

その他の記事/過去の記事
page-top