【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

土々呂メモリードホール完成

本紙掲載日:2020-10-23
2面
土々呂メモリードホールの落成を祝いテープカットをする関係者
落成した土々呂メモリードホール

11月2日、グランドオープン・市内3カ所目の総合斎場

 メモリード宮崎(本社・宮崎市青葉町、吉田明夫社長)の延岡市内3カ所目の総合斎場となる「土々呂メモリードホール」が延岡市土々呂町に完成し、22日に落成祝賀会が開かれた。吉田社長やメモリードグループの吉田茂視代表、来賓、施工業者ら約40人が出席し、テープカットなどで新たな門出を祝った。グランドオープンは11月2日。

 祝賀会で吉田社長は「地区の皆さんに満足していただける斎場を目指す。今後も延岡に新規斎場を拡大して、各地域の皆さんとともに繁栄していきたい。お客さまに感動を与えるサービスを提供していきます」とあいさつ。続いて、延岡市選出の県議らが祝辞を述べ、施工業者に吉田社長が感謝状を贈った。鏡開きも行われ、延岡市仏教会の野中玄雄会長の乾杯の音頭で祝宴に移った。

 土々呂メモリードホールは、同社の県内23カ所目の斎場。敷地面積は約630平方メートル。建物は木造平屋建てで、延べ床面積は約500平方メートル。駐車場は47台。館内には、「安心できる空間」と「家族の絆を大切にした空間」をコンセプトに最大80人と同50人を収容する二つの式場があり、大きな屋根付きの正面玄関、自然の光が差し込む明るいロビー、バリアフリーの控室、親族間でもプライバシーを保てるツインベッドルーム、浴室などを備えている。

◆お葬式セミナー、施設見学会を開催

 土々呂メモリードホールは24日から、お葬式セミナーと施設見学会を開く。11月1日まで(29日は除く)。無料、要予約。時間は午前10時からと午後1時から。定員は各20人。会社案内DVDの視聴のほか、葬儀や互助会、保険の説明を行う。来館記念品などもある。問い合わせは土々呂メモリードホール(箟箍20・7979)。

その他の記事/過去の記事
page-top