【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

少しでも上を向こう

本紙掲載日:2020-11-23
3面
アーバンホテル前のケヤキを飾ったイルミネーション(21日夜、延岡市中央通)
鹿児島銀行前の花壇は特設ステージとなり子どもから大人までがパフォーマンスを披露

延岡中央通で点灯式−きらめくイルミネーション

◆来年1月上旬まで

 延岡市中央通交差点で恒例のクリスマスイルミネーションが21日から始まった。主催の延岡中央商店街組合店(西府茂樹代表)が「ちょっとでも上を向いてくれれば」と、初日にはステージイベントなどと組み合わせた点灯式を実施。新型コロナで大きな影響を受けた繁華街に活気と明るさをもたらした。イルミネーションは来年1月上旬までで、時間は午後5時30分〜午前1時。

 西府代表によると、クリスマスイルミネーションは毎年行っているが、それに合わせたイベントはここ数年行っていなかったという。中央通りは夜の繁華街と隣り合わせで「コロナで大変な思いをしているのを間近で見てきた。活気を取り戻せるイベントをやろう」と点灯式を決めた。

 メインの会場は中央通り交差点で、鹿児島銀行前の花壇にステージを設置。内藤証券前のスペースもパフォーマンス会場となり、子どもから大人までがステージに立ってイベントを盛り上げた。

 発表の機会を失っていた旭中と岡富中の生徒たちが合唱とダンスを披露。九州保健福祉大学のエイサーサークルは「今年初めて」というステージで躍動した。

 午後5時30分からは点灯式。司会の本田誠人さん(延岡市出身)と本田泉さん夫婦の「5、4、3、2、1」のカウントダウンの後、アーバンホテル前のケヤキにきらびやかな明かりがともった。昨年より増えた電飾によって一帯は華やぎ、訪れた人たちも写真を撮るなどして楽しんでいた。

 その後もステージでは歌謡ショーやダンスショーが継続。マスコットキャラクターの「チキなん番長」と「のぼる君」も来場して市民とふれあっていた。

 来場者が寄せたメッセージカードがケヤキに飾られ、「コロナに負けるな」など力強い言葉も。西府代表は「中央通りは繁華街と密接。夜の元気が出てくれば昼も元気になる。年末に入ってくるが、コロナに気を付けながら、元気を感じてもらえるとうれしい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top